• font size
  • A
  • A
  • A

ブログ

アイディアボックスの振り返りと成果

政府では、2009年よりオープンガバメントを推進しており、オープン化するだけでなく、国民との対話や協働を重視して、様々な取り組みを行ってきました。その一環として、ネット上の意見交換サイト「アイディアボックス」での議論を実施し、ハッカソン、アイディアソン等へ積極的に参加しています。
アイディアボックスは、2009年11月以来、単独府省や府省連携等もしながら合計9回実施してきましたが、「議論した内容が実現してくれるのか」とのご意見を毎回多数いただきます。そこで、ご議論いただいた内容についての取り組み状況や成果等を紹介させていただきます。いただいた意見は、直接的に実現したものもあれば、このような意見がありますというように関連施策に反映したものもあります。また、ここで紹介させていただいく意見も一部であり、様々な場面で活用させていただいております。

主な議論内容と取り組み

電子政府の政策推進の総括をすべきである

2011年に「電子行政推進に関する基本方針」が策定され、これまでの電子行政の課題を整理しました。

その結果としてリーダーシップの不足やガバナンス強化の必要性が指摘され、2012年に政府CIOの設置や、その元でのガバナンス強化に取り組みがすすめられています。さらに、2014年に「電子行政分野におけるオープンな利用環境整備に向けたアクションプラン」として、基盤整備やweb改革を進めています。

外字について整理してほしい

2010年に文字情報基盤プロジェクトを立ち上げ、2013年に策定したIT戦略「世界最先端IT国家創造宣言」で新規のシステムにおいては、原則、文字情報基盤を活用するように定められています。また、2015年には戸籍・登記の文字と日常的な文字をつなぐ縮退マップを整備し、アイデンティティと効率性を両立できる環境を整備しました。法人番号システム等で活用されています。

データカタログサイトを整備するべきである

2013年1月にデータカタログサイトOpen Data METIを開始し、順次、データを追加するとともに対話機能等の機能強化をしてきています。

その経験を踏まえ、2013年12月に政府全体のデータカタログサイトData.go.jpが整備されています。

各種データの公開

データカタログの整備を行ない、データの公開を図るとともに、要望の受け付けコーナーを設置して、各府省に働きかけをしています。

また、データの公開だけではなく、政府の主な情報発信源であるホームページ情報の見直しにも着手し、リスト化するとともに、Webサイトガイドを作ることでデザインや構造の統一を図っています。

政府サイトのgo.jpの徹底

2015年に府省全体のドメイン調査を実施し、goドメインやgoドメインを使っていないサイトを把握しました。また、ドメイン管理ガイドを策定し、現在は、政府内は管理ガイドに従いドメインの管理がされつつあります。(移行期間があるので時間がかかります)

紙やPDFではなく統一フォーマットの電子データでの公開を希望

オープンデータのガイドを作成しまた。このガイドでCSVファイルの作り方などにも言及しています。

語彙やデータ構造の共通化のため、共通語彙基盤の整備を進めています。現在、氏名、住所、組織、施設、イベント等の多くの語彙が整備されています。

データを緩いライセンスで公開すべき

クリエイティブコモンズを採用した政府標準利用規約第二版を作成し、政府内での普及を図っています。

RSSを採用してほしい

第一回アイディアボックスの時に指摘され、経済産業省のホームページではRSS配信をそのときから開始しました。現在は、RSSの利用は各府省に広がっています。また、Webサイトガイドでも推奨しています。

行政サービスAPIの公開

行政サービスのAPIの公開は、徐々に取り組んでいます。復旧・復興支援制度データベースや気象庁においては、APIを作るだけでなく、ハッカソンを活用して、その利用の促進やAPIのあり方の検証も行っています。
2015年「Web サイト等による行政情報の提供・利用促進に関する基本的指針」では、府省のWebサイトにAPIをつけることが推奨されました。

アイディアボックスを継続的に実施するべきである

アイディアボックスは、年1,2回開催されており、すでに9回行われています。内閣官房、内閣府、総務省、経済産業省、文部科学省、気象庁、官公庁が利用するなど、政府内でも幅広く使われています。

PRの推進

アイディアボックスのPRを引き続き行うとともに、オープンガバメントの一環として、オープンデータの推進を集中してPRしてきました。オープンデータなどの国民との協働による取り組みは、新聞などのメディアに継続的に取り上げてもらえるところまで知名度を高めました。アイディアボックスの知名度向上は、まだ十分ではありませんが、引き続き広報に努めていく予定です。

意見をきちんと反映するのか

アイディアボックスでいただいた意見は、できるだけ反映するように取り組んでおり、実際に、上記のように実現したもの、実現に向けて動き出したものがたくさんあります。推進の検討に当たり、国民からの意見として紹介するなど、アイディアボックスのご意見は最大限活用させてもらっています。

(参考)これまでのアイディアボックスに寄せられた主な意見

電子経済産業省アイディアボックス

  • 住民票や戸籍はネットで取れるようにして欲しい
  • 選挙における投票をインターネットで行えるようにして頂きたい
  • 電子政府に限らず
  • 免許証やパスポートの更新をWebでできませんか?
  • 申請のワンストップサービスについて
  • もっとPRを
  • 公的機関発行カードの集約
  • アイデアボックスの継続
  • 官公庁の書類は原則webに掲載
  • 保険証などの電子化(お薬ノートなどの電子化)
  • 電子政府を総括しましょう
  • RSSの採用について
  • 官庁の記者会見をネットでライブ中継せよ
  • 経済産業省による日本版Data.GOV開設への期待
  • 外字問題の解決
  • 業務成果物を原則すべてホームページ上で公開する
  • IT調達の無駄をなくすと同時に中小企業を育成する方法
  • 情報発信にTwitterを活用してみては
  • 電子政府のシステムの基盤部分は、統一すべきである。
  • 確定申告が煩雑すぎる

経済産業省アイディアボックス

  • ハリウッドVFXの仕事を日本で受注するための支援
  • 国民IDの導入とバックオフィス連携
  • 行政サービスAPIの公開
  • 区役所・警視庁など土日も営業してほしい!!
  • 社会で使える「IT」教育の必修化
  • 閉鎖的ネットワークを利用した選挙投票
  • 税金の流れのちょっとした可視化
  • NHKが制作したコンテンツをクリエイティブコモンズライセンスに
  • 法案及び議員の投票結果の可視化
  • 国税地方税の電子申告について
  • 本カテゴリーにアクセスいただきました皆様へ
  • B-CASカードの廃止
  • OpenKarte構想
  • はんこをやめるところから始めませんか?
  • 経産省による日本版Data.gov開設への期待
  • 政府サイトのgo.jpドメインの徹底
  • アイディアボックスを国の各機関・地方公共団体で常設
  • 地方部に行くほどITを高度化に
  • 放送法の改正によりコンテンツ制作者の発掘と発展
  • 中小企業にもう少し支援を

オープンガバメントアイディアボックス

  • 議員全ての人が、何に賛成して何に反対したのかDB化して欲しい。
  • 不満点(サイトが重い)
  • openlabs.go.jpを活用し、諸外国へ「日本のオープンガバメント化」を最大限にPRしよう!
  • 国民が参加したがる「アイデアボックス」をどんどんやればいい
  • 各審議会や分科会の公開・一般参加
  • 国民の声アイデアボックスとなぜ統合しない (ユーザ登録が別なのは面倒)
  • 意見公募時期が議論終結間際では効果が乏しい (パブリックコメント)
  • 極端なPR不足ですね。
  • オープンガバメントを推進する前に・・(活性化させる方策が必要)
  • 意見を募集するだけ?
  • 活かされたアイデアは「映画のエンドロール」のように(協力者を表示)
  • 住基番号を国民IDとすべきです!!
  • 住民基本台帳カードの有効利用・利用促進
  • scriptを駆使しない、端末負荷の少ない簡易版ページ設置希望
  • コメントへの「いいね!」機能
  • メーリングリスト運用希望
  • 行政への申し入れに対する経過・結果の公表について
  • 法案の賛否した議員の名前をHPで公開する
  • 国民の声(参加者が少ない等)
  • 陳情システムをアイディアボックスで

オープンデータアイディアボックス

  • 文字コードと外字の公開
  • 国土地理協会の住所データ、路線データ
  • 投稿された人気の高いアイディアを採用してくれるのか
  • 統計局データのAPI整備
  • 財務省予算書・決算書データベースを利用しやすく
  • 保育園の受入児童空き情報をgoogleMapsに表示させる
  • 法律が制定された際の背景データや適用事例や問題点
  • 道路交通に関わる事象の情報公開
  • オープンデータIDEABOXを2/28以降も継続して欲しい
  • データセットは「全て」制約の緩いライセンスで公開すべき
  • 住基文字コードの仕様公開
  • 選挙の投票結果・開票結果データを全国統一様式で公開してほしい
  • 国会の議案・決定過程をマシンリーダブルに
  • 紙やPDFではなく統一フォーマットの電子データでの公開を希望
  • AEDマップの公的運用を(さらに、スマホへの登録普及を)
  • バス停留所の位置を公開して欲しい。
  • 緊急車両のリアルタイム位置情報
  • 都道府県/市区町村/町丁目の識別コードとポリゴンのオープン化
  • 自治体には無理に統一フォーマットを押しつけない
  • NHKの映像

オープンデータアイディアボックス2014

  • 変体仮名文字をどうしよう?
  • 省庁ごとのゆるキャラを!!
  • より多重リンク化した法令データベースの構築
  • 行政制度情報の一元的提供
  • ハッカソン等への政府の参加
  • 情報の提供の在り方というよりも
  • 政府ソーシャルメディアページの整備
  • 税金で作られている行政生データは公開が当然
  • エコシステム(生態系)を利用した開発
  • 縦割りの政策情報を串刺しに
  • 審議会の公開について
  • 行政情報の検索サイト
  • 国家資格総覧の作成と活用
  • ホームページおよび情報の共有化
  • ご意見サイトの普及
  • ASEAN+3をにらんで
  • 電子行政における矛盾
  • 予算書の公開サイト
  • ネット署名運動について
  • ネット署名ブームへの警告

以上