• font size
  • A
  • A
  • A

ブログ

オープンガバメントラボは、2010年7月に日本全体のオープンガバメントを強力に推進するために設置されました。当時は、オープンガバメントといっても誰も知らない状況で、先行する米国や英国の取組を勉強しながら、「透明」「参加」「協働」について手探りでプロジェクトを進めていました。   対話・投票型サイトであるアイデアボックスから始まった日本のオープンガバメントですが、海外を見ると、対話・投票型サイトだけではなくデータ公開サイト、コンテスト等の新しい取組が次々と行われていました。そこで、日本も従来の府省の枠を超え、オープンガバメントのハブの役割を果たすオープンガバメントラボを設置しました。このラボという名前には、失敗を恐れず果敢に新しいことにチャレンジするという意気込みが込められています。このサイトでは、オープンガバメントに関する国内外の様々な取組情報を一元化するとともに、BIを備えたデータ提供サイト、行政が情報提供するのではなく参加者みんなで国内外の情報を集めるwiki、テキストマイニングによる各種分析等、これまで行政で行っていなかったことに次々と取り組んできました。また、このサイトを見て、新たな取組に興味を持った府省に推進方法をアドバイスするなど、日本のオープンガバメントを推進するためのツールの機能も果たしています。これらの取組を受け、内閣官房の電子行政タスクフォースでも、オープンガバメントに関する議論が本格的に開始されました。   一方、2011年3月に東日本大震災が起こり、オープンガバメントチームは、災害対策と復興を最優先事項として活動を始めました。この年に世界のオープンガバメント、オープンデータ戦略が次々と公表されたため、世界のオープンガバメントに日本の戦略が出遅れたという指摘をする人は多いですが、実際には、日本のオープンガバメントチームは戦略を作るのではなく、主に実フィールドで活動していました。被災地テキスト分析、電力データの公開、twitterアカウント自動公認スキーム、PDFから機械可読データ提供への呼びかけ、節電アイデアについて意見交換を行うアイデアボックス、復興制度情報のオープン化等、オープンガバメントの経験を活かして次々と実施したプロジェクトは国際的にも非常に高い評価を受けています。   特に電力データの公開は様々なアプリやサービスを生み出し、急速にオープンデータが注目されるきっかけとなりました。その後、電子行政タスクフォースがまとめた戦略もオープンデータにフォーカスされ、それを受けて様々なプロジェクトへと展開されていきました。   こうしてプロジェクト中心に取組が進んでいく中で、ラボとしての試行錯誤的な取組には十分な時間が取れませんでした。オープンガバメントを開始して約5年が経過し、2014年9月にtwitterの1000tweetを機会に行われた@openmetiアンケートおいて、「透明化」は進んだものの「参加」や「協働」に関してはまだまだ進んでいないと評価を受けるなど、オープンガバメントを推進する上で反省点や課題もありました。   そこで、全国的に行われているオープンデータを活用したイベントの成果を集約し、一元的な検索を可能にするとともに、アイデアやアプリを創出した人材とビジネスパートナーとのマッチングを支援するKnowledge Connecter(β版)を立ち上げ、「参加」「協働」に力を入れているところです。 それだけでなく、これまでの取組を振り返り、「透明性」「参加」「協働」の原点に帰ってオープンガバメントを推進することが重要だと考えています。また、「参加」「協働」の領域はまだまだ模索の領域だと感じています。今回は、そのスタートラインとしてオープンガバメントラボのリニューアルを行いました。オープンガバメントは、行政と国民とが一体となった新しい社会つくりの活動です。オープンガバメントラボは、単なるポータルサイトではありません。皆さんの参加により作り上げていくコミュニティです。地域のコミュニティと相乗効果を出しながらオープンガバメントに取り組んでいきましょう。 皆さんからのご意見やご提案等をお待ちしています。