• font size
  • A
  • A
  • A

What's New?

デジタル・ガバメント・アイディアボックスの開催

2016.02.16

デジタル技術を使った行政の新サービスや業務改善をオンラインで議論するためのデジタル・ガバメント・アイディアボックスを開始しました。
意見の投稿や他の参加者との議論、賛成の意見表明など、誰でも参加できますので、是非ともご参加ください。
3月10日24時まで開催予定です。

【お知らせ】マイナンバー制度に関する説明会(業界団体等向け)を開催します!

2015.03.27

「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)」が平成28年1月1日に施行されることにより、住民票を有する全員に固有の番号(マイナンバー)が付番されるとともに、番号を記載したカードが、平成27年10月以降、個別に配付されます。マイナンバーは、税・社会保障・災害対策の行政手続で利用されることとなっており、具体的には、税務関係、社会保障関係の書類において、マイナンバーの記入が求められることになります。

 

これにより、全ての事業者(全法人、全個人事業主)において、従業員のマイナンバーの把握や書類への記載などが義務化されるため、業務フローの変更や情報システム改修などの対応が必要となります。

 

そこで、マイナンバー制度開始に向けた準備を促すことを目的として、経済産業省において、業界団体等向けのマイナンバー制度に関する説明会を開催いたします。

 

なお、本説明会は経済産業省が所管している業界団体等の事務局担当者様の参加を優先とさせていただきます。

一般企業の方々にお申し込みをいただいた場合、参加をお断りさせていただくことがございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

【日時】
 ・ 4月14日(火) ①10時~12時  ②14時~16時
 ・ 4月15日(水) ③10時~12時  ④14時~16時
 上記計4回の説明会は、すべて同じ内容です。

【場所】
 経済産業省本館 地下講堂
 (http://www.meti.go.jp/intro/index_access.html

【次第】(予定)
 ・ 開会挨拶(経済産業省)
 ・ マイナンバー制度の概要(内閣官房社会保障改革担当室)
 ・ マイナンバーガイドラインの概要(特定個人情報保護委員会事務局)
 ・ 質疑応答
 なお、本説明会は業界団体等の担当者様向けの内容となりますが、制度の概要等については他のマイナンバー制度に係る説明会と同様となる予定です。

【定員】
 各回:最大250名
 各回ともに先着順となりますので、予めご了承ください。

【参加申込み】
 下記URLより、必要事項を入力の上、申し込みを行ってください。
 なお、会場規模の関係上、業界団体等ごとで最大3名の参加とさせていただきます。また、会場の都合等によりご希望に沿えない場合がありますのであらかじめご了承下さい。
 http://mm-enquete.meti.go.jp/form/fm/honsyo01/mynumbermeti
 
【申込み締切り】
 平成27年4月3日(金)17時

 ご不明点がございましたら、下記担当までお問い合わせ願います。
 皆様のご参加をお待ちしております。

 

本件担当:商務情報政策局情報プロジェクト室

   03-3501-2964 mynumber_rel(アット)meti.go.jp

 

Open DATA METIアイディアソン開催

2014.12.01

本アイディアソンでは、経済産業省をはじめ、政府が持つデータの有効な活用方法について参加者全員で考えます。「官民の情報連携」と「中小企業情報」の2つを大きなテーマとし、経済産業省の政策担当者とともに情報の利活用のアイディア、政策提言を考える場にしていきたいと思います。オープンデータに関する事業をよりポジティブに進めるために、行政職員も積極的に参加し、これまでとは違ったアイディアを創発することを目指します。■日程:2013年11月17日(日)13:00〜17:30(12:30開場)■会場:国立情報学研究所(東京都千代田区)

オープンデータ・アイディアソンのお知らせ

2014.12.01

オープンデータを有効活用するために欠かせない「地域視点」と「ビジネス感覚」から生まれるアイデアを広く募るために「オープンデータ・アイデアソン」を開催します。大阪会場 2013年11月9日 東京会場 2013年11月21日 松江会場 2013年11月26日。詳細は、オープンデータ・アイデアソンのページでご確認ください。

Open DATA METIがリニューアルしました。

2014.12.01

2013年9月27日に、国内の先進データカタログサイトであるOpen DATA METIが、リニューアルしました。データ数を大幅に増やすとともに、内部のメタデータも国際的な標準の動きに合わせ改善しています。Open DATA METIサイト