行政が保有する公共データを活用した既存サービスの高度化/新たなユースケースの創出を目的とし、経済産業省・総務省主催で、2013年11月にアイデアソン(大阪、東京、松江の3か所)を開催し、公共データを活用した様々な社会課題を解決するアイデアが創出されました。

 この度、ユースケースコンテスト(以降、本コンテスト)として、社会課題解決に資する、公共データを活用したユースケースを具現化した作品(アプリケーション・アイデア等)を募集します。是非とも積極的な応募をお願いいたします。

応募について

  • 本コンテストでは、公共データを活用したアプリケーション(「アプリケーション作成部門」)を募集します。詳細はアプリケーション作成部門についてをご覧ください。

    (※但し、募集期間内の公共データの取得が難しく、アプリケーションの作成まで至らなかった場合、「オープン化推進部門」へ応募ください(詳細はオープン化推進部門についてをご覧ください)。実現性が高いものについては「アプリケーション作成部門」の表彰とともに紹介させていただく予定です。)

  • また、公共データの活用に関して、利用条件やデータ加工における課題等を併せてお寄せいただくことを条件とし、今後のオープンデータの取組をより効果的なものにしていきたいと考えています。
  • サイトマップ

    ユースケースコンテスト概要(本ページ)
    コンテスト応募用紙
    「アプリケーション作成部門」の募集について
    「オープン化推進部門」の募集について
    「ユースケースの具現化を支援するデータ/ツールの提供」について
    よくある質問と答え(FAQ)

    ユースケースコンテストのスケジュールと流れ

     ユースケースコンテスト応募準備~当日までの流れは下図の通りです。詳細は以降の項目及びFAQをご確認ください。

    応募の方法に関して

    応募方法

  • 応募に当たっては、募集要項をよくお読みいただき、当該募集条件に同意の上、応募用紙へ必要事項を記入し、応募してください。
  • 応募資格

  • 応募自体は、個人、法人、グループ等、とくに制約はありません(但し、中学生以下の方が応募する場合は、保護者又は監督者(学校の先生等)の許可を得てください)。また、地域の制約もありません。
  • 暴力団、暴力団員、右翼団体、その他これに準ずる者(以下、「反社会的勢力等」)、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営、経営に協力もしくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流、関与を行っていると主催者が判断した方のご応募はお断りいたします。
  • 件数の制限

  • 1人当たりの上限はとくにありません。
  • 「アプリケーション部門」、「オープン化推進部門」のどちらか一方、もしくは両方に応募いただいても構いません。
  • 締切

  • 平成26年1月17日(金) 12:00まで(応募作品の郵送期限は同日必着とします)
  • ユースケースの具現化を支援するデータ/ツールの提供について

  • 一部の公共/民間データについて、『「ユースケースの具現化を支援するデータ/ツールの提供」について』より紹介しますので、必要に応じてご利用ください。
  • ユースケースの具現化を支援するツールについて、『「ユースケースの具現化を支援するデータ/ツールの提供」について』より提供しますので、必要に応じてご利用ください。
  • 審査方法と表彰について

    審査方法

  • 複数の審査委員による厳正な審査を行い、平成26年1月中に授賞作品を決定します。
  • 「オープン化推進部門」については優秀な作品を紹介させていただく予定です。
  • 結果発表と表彰

  • 平成26年2月7日(金)に東京国際フォーラムで表彰を行います。
  • 授賞作品については、当日会場におきまして代表者の方に作品のプレゼンテーションをお願いいたしますので、ご予定ください(対象者の方には1週間前を目途にご案内いたします)。
  • 授賞者については、副賞をお渡しする予定です。
  • 授賞作品については、後日ホームページに掲載します。
  • その他

    アンケート

  • 利用した(または利用を想定した)公共データについては、その利用条件等について、応募用紙に含まれるアンケートにお答えください。
  • ユースケースの具現化を支援するツール(SVG変換ツール、座標付与基盤、Gリンク基盤)を利用した場合、応募用紙より使いやすさ等の観点からのアンケートにお答えください。
  • よくある質問

  • これまでオープンデータ・コンテスト事務局に寄せられた質問及び回答内容をFAQにまとめてあります。随時更新していきますので、ご確認ください。
  • 応募作品の提出について

    提出物一覧

  • 応募に必要な提出物一覧は下表の通りです。応募用紙及び提供ツールアンケートにつきましては、下表リンクからダウンロードください。
  • 募集部門提出物
    アプリケーション作成部門
    • 本応募用紙(必須)
    • アプリの操作説明書1枚紙(Word、Excel、PowerPoint等で作成し、主要な画面キャプチャを含むこと)(必須)      
    • アプリ動作を補うもの(PowerPointによる紙芝居等)(任意)
    • 提供ツールアンケート(該当者のみ)
    オープン化推進部門
    • 本応募用紙(必須)
    • アイデア概要1枚紙(Word、Excel、PowerPoint等で作成し、ポンチ絵を含むこと)(必須)

    提出方法

  • メールもしくは郵送で応募期限(1/17(金)12:00)までに事務局まで届くようにお願いいたします。
  • 提出方法宛先
    メールの場合
    (※5MBまででお願いします)
    事務局(od-tokyo[at]tower.jipdec.or.jp)までお送りください。
    郵送の場合 〒106-0032 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル内
     JIPDEC オープンデータコンテスト事務局 宛

    問い合わせ先

  • 本コンテストに関する内容は予告なしに変更する場合があります。
  • 追加情報等は、本サイトで随時お知らせいたします。
  • ご不明な点等ございましたら、オープンデータ・コンテスト事務局(od-tokyo[at]tower.jipdec.or.jp)までお問い合わせください。