「オープン化推進部門」の募集について

 公共データ(自治体等の公共機関が保有するデータ)を活用したアプリケーションについて、募集期間内での公共データの取得が難しく、アプリケーション作成まで至らなかったもので、その実現性が高いものについては、「アプリケーション作成部門」の表彰ともに紹介させていただく予定です。具体的には下記の通りです。

応募内容に関して

応募内容

  • 1つ以上の自治体の公共データを活用し、社会課題(少子高齢化、雇用創出等)の解決に資するアプリケーションのアイデアを提案してください(詳細は「提案の要件に関して」をご覧ください)。
  • 応募条件

  • 活用を想定する公共データは、以下のいずれかに該当するものとします。
    1. 当該データを保有する自治体において、Web等で公開されていないもの(データとしては存在しているもの)
    2. 当該データを保有する自治体からWeb等で公開されているが、データ形式や公開方法等に改善の要望があるもの(データ項目(位置情報等)の不足、機械判読でない形式での公開、二次利用制限での公開等)
  • 「1」に該当する場合、そのデータを保有する自治体に問い合わせて、利用条件を明らかにしてください(問い合わせた結果の内容によらず、そのデータの利用を想定したアイデアを応募ください)。
  • 「2」に該当する場合、そのデータを保有する自治体に問い合わせて、現状なぜそうなっているか等の把握や、今後の対応の可能性等について明らかにしてください。(問い合わせた結果、改善の可能性の有無等によらず、改善後のデータの利用を想定したアイデアを応募ください)
  • 応募の方法に関して

    応募方法

  • 応募は日本語でお願いします。
  • 応募用紙から必要事項を記入するとともに、アイデア内容は公開環境を整えていただくか、事務局までメール(5MB以下の場合)もしくはCD-R等で郵送ください。
  • 締切

  • 平成26年1月17日(金) 12:00まで(応募作品の郵送期限は同日必着とします)
  • 提案の要件に関して

    提案の要件

  • アイデア内容は「ワード、エクセル、パワーポイント」等でまとめてください(必要に応じて関連する動画等を作成するのも構いません)。
  • 公序良俗に反するアイデアは対象外とします。
  • その他

    アンケート

  • 応募条件にあるとおり、自治体等に交渉して取得した公共データについては、その利用条件等について、応募用紙にあるアンケートにお答えください。
  • よくある質問

  • これまでオープンデータ・コンテスト事務局に寄せられた質問及び回答内容をFAQにまとめてあります。随時更新していきますので、ご確認ください。
  • 問い合わせ先

  • 本コンテストに関する内容は予告なしに変更する場合があります。
  • 追加情報等は、本サイトで随時お知らせいたします。
  • ご不明な点等ございましたら、オープンデータ・コンテスト事務局(od-tokyo[at]tower.jipdec.or.jp)までお問い合わせください。