• font size
  • A
  • A
  • A

What is Open Government?

オープンガバメントとは?

オープンガバメントとは、インターネットを活用し政府を国民に開かれたものにしていく取り組みです。ソーシャルネットワークなどのWeb2.0のサービスを利用することからGov2.0と呼ばれることもあります。電子政府の推進では、以前からサービス提供者視点ではなく利用者視点でのサービス提供(Citizens-centric)が求められてきましたが、更に進めて、市民参加型のサービス実現(Citizens-Driven)が求められています。新しい公共などの取り組みも進められていますし、新しい民主主義の方法という人もいます。

Transparency

透明性を高める

オープンガバメントを発展させるには、まず、行政機関の透明性を向上させることからスタートする必要があります。従来型の情報公開に加えて、オープンガバメントではオープンデータやデータヴィジュアライズによる行政機関の「見える化」が推進されています。オープンデータでは行政機関の保持するさまざまなデータを誰でも自由に使えるライセンスのもと、かつ、できるだけ使いやすい形式で公開されています。行政の施策が正しく機能しているか、どのように進められているのか、わたしたちの社会はどのような状況にあるのかデータから客観的に観察することもできるようになります。

Open Data

オープンデータは誰でも2次利用が自由にできるデータの総称です。行政機関や自治体でもオープンデータの取り組みが進められており、統計データ、公共施設データ、防災や減災に関するデータ、各種センサーデータなど幅広い分野のデータがオープンデータとして公開されています。また、オープンデータカタログサイトが設置される場合もあります。オープンデータカタログサイトでは目的のデータを効率良く探すことができる機能が備わっています。また、さらにデータの使い勝手を向上させる目的でAPIを提供している機関もあります。

IT DASHBOARD

内閣官房では我が国のIT投資の状況を国民にわかりやすく伝える目的で、IT DASHBORADを開設しています。省庁ごとの予算の対比やシステム数などグラフで見ることができます。

IT DASHBOARDIT DASHBOARD

Where Does My Money Go?

国や自治体の予算データをもとに、税金がどの政策分野にどの程度の割合で使われているのかをオープンソースを用いてインタラクティブなグラフィックで表現する活動です。ボランティアコミュニティによって全国に広がっています。あなたの街のWhere Does My Money Go?もあるかもしれません。

Where Does My Money Go?

Participation

参加する

オープンガバメントでは政策立案の過程もオープンになっていきます。制度や施策に関して意見交換するためのウェブを活用した仕組みが用意されたり、多様な市民と行政機関職員のリアルな対話の機会が度々開かれます。わたしたちはこうした場に参加をし、直接自らの考えを述べ、他者の意見に触れ、そしてまた考えることをくりかえすなかで、市民に寄り添った政策が育まれていきます。

ウェブを活用した対話の場

オープンガバメント先進国ではウェブを活用して広く市民からの意見を受け付ける仕組みを構築運用しています。日本政府も過去3度にわたってアイディアボックスという具体的なテーマに対して市民が意見を投稿できる場を開いてきています。オープンガバメントラボでは現在アイディアボックスに次ぐ新たな仕組みを準備中です。ご期待ください!
また、ソーシャルメディアを積極的に活用して市民と交流する行政機関が増えてきており、こうしたアカウントをフォローしたり、意見を投げかけてみるのも良いかもしれません。

リアルな場

課題解決に向けて具体的なアイディアを話あうイベント、オープンデータを活用してコンピューターで社会課題をわかりやすく可視化してみるワークショップなど、昨今、NPOや民間団体によって企画実施されるこうしたイベントが隆盛です。経済産業省では過去に中小企業の振興をテーマにしたアイディアソン(決められた時間内にアイディアを練り続けるワークショップ)を開催しました。

  • リアルな場画像1
  • リアルな場画像2
  • リアルな場画像3
  • リアルな場画像4
  • リアルな場画像5
  • リアルな場画像6

Collaboration

コラボレーション

日本は人口減少社会に向かっており税収が減っていくことが確実です。また、市民の家庭環境、生活様式、働き方が多様化しており、すべてのニーズに対して十分な行政サービスを提供することが難しい状況になると考えられます。こうした課題への対処として期待できるのが「コラボレーション」です。行政と民間企業によるコラボレーション、企業と市民ボランティアによるコラボレーション、行政と研究機関によるコラボレーション等、組織をまたいだコラボレーションによってそれぞれの持つ強みを組み合わせて大きなインパクトを生み出しながらも、無駄を省くような効果が発揮されることでしょう。

オープンガバメントの実践

地域住民みずから技術を活かして地域課題を解決しようとする活動、オープンデータの技術の発展、普及を支援する活動、オープンガバメントやオープンデータに関する調査や啓蒙、政策提言を行う活動、地域課題の解決に市民自らがソリューションを提案して、必要な資金をウェブを通じて広く集める仕組みを運用する活動、オープンガバメントラボでは各地のオープンガバメントの実践例を紹介していきます。

  • コラボレーション画像1
  • コラボレーション画像2
  • コラボレーション画像3

日本のオープンガバメントの歩み

  • タイムライン表示
  • 年表表示

Japanese Open Government genealogy

オープンガバメント系譜

オープンガバメント系譜